カードローン借りやすい比較情報.com

申込者の「年齢」は重要な審査項目

何歳なのか、また結婚しているか独身か、
によっても審査の通過率は変わってしまうのです。

カードローン会社が一番貸し付けしたいと思うのは、定期的な収入のある独身の20代の会社員です。
何故なら、{独身であれば全収入を勝手に使用することができますし、
使い道もいろいろなため、キャッシングを継続して利用してくれることが想像できる|見込めるからです。

その次に40~50代の男性が高評価で、ある程度の役職に属すのであれば、返すだけの収入はあるはずだとと思われるからです
ですが、この年代の男性はほとんどが既婚者ですよね。
なので、住宅ローンなどの支払をするばかりか、また子供がいれば教育費も必要ですので、
キャッシングの返済が滞ってしまうのではないか、と疑問に思われてしまいます。
ですので、キャッシング審査年齢は、20代〜50代の男性、特に20〜30代の未婚男性{となります|ということがいえるかと思います。

特殊な例として、18歳から融資が受けられる学生ローンもありますが、やはり金利は20歳以上が利用できるカードローン商品に比べて高めです。
というのも、未成年者は収入も少ないために、信用が不足している状態なのです。
その分金利が高く設定されているのです。
今まで説明の無かった50歳以上の男性ですが、定年退職{を近く控えているため|が近く、収入が一切なくなってしまうことを加味しているため、審査に落ちやすくなることにも注意が必要です。

よって、審査を受けるときには自身の年齢についても把握しておきましょう。

カードローン、審査 情報、比較ラボ、

「奨学金は返済しなくてもペナルティはない」というのは過去の話!

今までキャッシングを使ったことはないし、
クレジットカードも支払いが遅れてしまったことがない。
にもかかわらずカードローンの申込審査に落ちてしまった!
という人はいたっしゃいませんか?

ここで1つ、思い出してほしいことがあります。
過去、大学へ通うために、奨学金制度を使ったことはおありですか?
そして、利用した奨学金は忘れずに返していますか?
もし{延滞している|返していないとしたら、それが審査落ちした原因の可能性が相当高いでしょう。

奨学金制度は、学校へ行くための金銭が足りない学生を助けるために活用されている資金援助のひとつです。
融資のためのお金は以前奨学金で大学に通った人の返済金でまかなわれているのですが、
最近この返済がされていないのが問題になっていました。
返済されないことを打開するために、
奨学金制度を行っている日本学生支援機構は、平成22年(2010)より奨学金返済が3ヵ月以上遅れた場合は、各信用情報機関に情報を共有するようになりました。
なので、奨学金の延滞をしてしまうと、
信用情報に履歴が残ってしまうのです。
信用情報に履歴が残ってしまうと、
その延滞分を返済して5年経つまでは、
キャッシングやクレジットカードなどの信用情報を開示して利用する審査にはまず通らなくなる可能性が高くなります。

「奨学金なんて返済しなくたって問題ないでしょ?|奨学金は返さなくても大丈夫し、放っておこう」
なんて考えて返さないでいると、信用情報にも影響がありますので、
ちゃんと返済を行うようにしてください。

カードローン まず通る審査をチェック

「生きてきたなかでキャッシングもクレジットカードも使ったことないから、審査も楽勝でしょ?

これまで生活してきたなかで、クレジットカードも利用せず、分割払いで商品を購入したことも無かったのだが、
急にまとまった金銭が必要になりカードローンを使いたいなぁ、と考えている「Aさん」がいたと仮定します。
こんなAさんはカードローン審査に落ちにくいと考えますよね。
、今までずっと使用してこなかったということはブラックリスト入りすることはありえませんから、
カードローン業者としても安心して融資してくれるだろう、と思ったからではないでしょうか。

しかし実際には、Aさんのお年によって審査結果が異なってしまうことがあるのです。
例として、Aさんが24歳の方{だとします|だったとします。
勤続年数は1年と最低条件を越えてていますし、信用情報{もまっさらで問題なさそうだ|信用情報になにも載っていないのはまだ若いために経験がないのだろう、
とキャッシング業者は認識するため、このAさんの状態であれば審査審査落ちはかなりと予想されます。
もう一つの場合を提示しましょう。
このAさんが32歳の社会人であった場合です。
勤続年数は10年ありますが、信用情報を見るとまっさらな状態である——。
この条件であると、24歳のAさんよりもカードローン審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまうのです。

これは、信用情報には「ブラック」と呼ばれている状況|状態とは異なりに、「スーパーホワイト」という概念があります。
これは、「履歴が全く信用情報に載っていない」という状況のことを言います。
審査においては、信用情報に記録された過去の支払状況を参照して「{この人は信用できるのか|貸し付けを行っても大丈夫か?」ということを判断します。
情報の宝庫であるはずの信用情報が役に立たなかったとき、「{この人に今までの記録がないのは、
なにかしらのワケがあるのではないか|履歴が全然ないのは訳ありなのでは?」という印象を持たれてしまい、審査に通りづらくなってしまうのです。

疑いの原因となるワケはいくつかあるのですが、中でも一番疑われるのが、
「以前に支払事故に手を入れたことがあるのではないか?」ということです。
法律による任意整理や自己破産にも、その履歴が記載される期限が存在し、
任意整理は5年、自己破産は最大10年と指定されています。
時間が経ちこの期限を過ぎると、事故情報とともにそれまで履歴として残っていた信用情報が全て消去されてしまうのです。
もしも20歳の頃に自己破産をしていたら、その記載が消えるのは30歳の時になります。
白紙の状態になるといい歳なのに信用情報が全く残っていない、非常に不自然な状態になってしまいます。
この「{事故から立ち直った状態|事故の記録が消去された状態」と「いままで全く信用を積んでこなかった状態」は、
カードローン業者にはどちらなのかわかりません。
ですから、カードローン業者はお金を貸すことに慎重にならざるをえないのです。

最近ではクレジットカードの普及などで、
「まっさらな信用情報を持つ人」が減少してきています。
ですから、開示される頻度は高くなくとも日頃から信用情報を気にかけておくと、
キャッシングの審査にも通過しやすくなりますし、将来的に住宅ローンなどを契約する際にも確実に使えますので、
ある程度はクレジットカードやカードローンを利用して信用を積み上げておくことをオススメします。

カードローン審査 、比較ラボ

携帯電話の代金に潜む、審査落ちを引き起こす罠とは?

現代では一人一台所持していると言っても差し支えない携帯電話。
携帯電話業者の作戦で「2年縛りのかわりに、端末代を割り引く」というキャンペーンが行われて久しいですよね。
ただの分割払いに見えるこのサービス、審査に関与する知っていますか?

このキャンペーンでは、買った携帯の端末料金を2年に分割て、携帯{電話|]の利用料金と合わせて支払いをする仕組みになっています。
「携帯端末代を{分割{払する」ということは、つまりローンを組んでいるのと同じなのです。
ですから、携帯端末料金の支払い状態は信用情報に登録されていきます。
便利そうだからと利用代金と同時に支払を行っていますから、このことをご存じない利用者が多いのが今の状況です。

端末代金を分割払いしているにもかかわらず、
利用代金を延滞してしまったらどうなるのかわかりますか?
利用代金に端末代が含まれている、とついさっき申しましたが、
支払いを怠った場合はクレジットカードやキャッシングの支払いをしていないことと同じなのです。

一般的には3ヵ月以上遅れてしまうと信用情報に反映されると言われており、
この記録は5年間残ってしまいます。
こうなってしまうとカードローンやクレジットカードなど、
信用が関わる審査は通りづらくなることが予想されます。

ですから、「{利用料金を遅延させたとしても、回線が止められるだけで大した影響ないでしょ?|たかが電話代を払わなかったぐらいで大げさな」
などと軽く見ずに、確実に支払いを行うことが、日常生活で行える審査に落ちないための秘訣です。

カードローン即日7.com

会社選びの時には「貸金業登録番号」を確認すること!

融資をするような会社を起こす時には、
営業所を置く自治体、日本中で行うのであれば国(財務局)に「貸金業登録」をしなければなりません。
登録の時に発行されるものが「貸金業登録番号」という番号です。
この番号は、チラシなど宣伝の際に絶対に書かなければならないもので、
営業所の見えるところに登録した番号を掲げなければならない、と法律で決まっています。
ですので、この番号が書かれていない会社は、公的な登録を行っていない違法な業者ですから、闇金なのです。

「ということは、貸金業登録番号が載っていれば、信頼できるキャッシング会社だから安全なのですね!」
と太鼓判を押したいところですが、実際はそうでもありません。
闇金でもちゃんと登録を終えている場合や、欠番になった登録番号を勝手に使っている場合もあるのです。

とはいえ、巧妙に隠していても闇金か優良業者か判別ウラワザがあるのです。
実は、貸金業登録番号にはある法則があることをご存知ですか?
例をあげるとアコムの場合、貸金業登録番号は「関東財務局長(11)第00022号」となっています。
アコムは日本中に融資を行っているため、財務局への登録となっています。

ですので本社の存在する「関東財務局長」の名の下に営業を行っているのです。
その隣には「(11)」という数字がありますが、見極めるにはこれが大事になります。

貸金業の認可は、3年ごとに更新するのですが、更新を行うと、この括弧内の数字が1増えるのです。
ということは、それまで(1)であったものが(2)になるのです。
つまりアコムの場合、11×3=33になりますので少なくとも33年間は登録を更新し続けてているということを表しているのです。

反対に闇金となると、警察の捜査を恐れるために、単一の登録番号や商号を長く使うことはないのです。
つまり、たとえ貸金業登録を行っても更新して使い続けることはまずないのです。
ですから、もし貸金業登録番号を明記していても、括弧内の数が「1」だった場合はほぼ闇金です。

また、貸金業の登録番号はまとめられてオープンになっており、インターネットから検索できますので、ほんの少しでもあやしいと思ったら照会してみることをおススメします。

カードローン今すぐ借りるなら.com

絶対にヤミ金だけは申込みしないのが鉄則!

キャッシングの審査や申込みを行う前に、「どこに融資を申し込む|どの業者を選択するのか」ということが問題になりますよね。
「キャッシング業者」とひとまとめにいってもいろいろあるわけですが、{絶対に違法なカードローン業者、いわゆる「ヤミ金」は選んではいけません|いわゆる「ヤミ金」と言われる違法なキャッシング業者では絶対に借入れを行ってはいけません。

ヤミ金の特徴は、ダイレクトメールやチラシで人を集めて、
「低い金利で貸します」「ブラックOK」「他店で断られていても融資します!」などと、
お金に困っている人が思わず飛びつきたくなる甘い言葉を囁いていることが殆どです。
そして違法な高い金利でお金を貸して、いざ返せないとなると周りに迷惑をかけるような取立てを行ってくるのです。
基本的に最初の融資総額は3万や5万など低額ではあるのですが、貸し付け期間が1週間や10日単位と短いので、あっという間に利息が大変なことになってしまうのです。

とは言うものの、特徴を知ったところでがわかってもどの業者がヤミ金でどれが信頼できる業者なのか、いまいちわかりませんよね。
キャッシング業者は、お金を貸す事業を行う場合には、自治体や国に届け出を提出しなければいけません。
そして認可を受けるには、決められた基準をクリアする必要があるのです。

しかし、ヤミ金はこの認可を受けていない場合が大多数です。
よって、カードローン業者を選ぶ際には広告の隅などに「関東財務局長(3)*******号」のような登録番号が書いてあることを確実に確認してください。
最近は勝手に消滅した番号や存在しない番号を記載して、あたかも登録業者のように振る舞っていることも増えています。
よって、{表示された登録番号を照らし合わせて確認をすることも重要です。

また、法律では上限金利が「年29.2%」と定義されているのです。
この上限金利を上回っている業者は確実にヤミ金ですから、この部分も使うことをお薦めします。

カードローン審査.com

多重の借入件数は2社以下にしておこう!

申込をする時に記入しなければならない項目には、「他社からの借り入れ状況」を申告しなければならない項目が存在しますよね。
借入れ状況の項目では、主に「借入総額」と「借入れ件数」を伝えるのですが、審査ではどっちが重く見られているのか、ご存知でしょうか?

大多数の方は「借入額のほうが大事に決まってるでしょう!」と信じていらっしゃるのですが、実際には借入れ件数のほうが大事なのです!

そんなこと言われても、嘘だ!と思う人もいらっしゃることかと思います。

たとえば、「1社から500万のお金を借入しているAさん」と、「5社から500万の貸付けを受けているBさん」の2人が、同じ日に全く同じカードローン業者に申込みをしたとしましょう。
片方にしかお金を貸さないとしたら、ローン会社はどちらにお金を貸すのか、わかりますか?
この場合は、ローン業者はAさんに融資を行います。

なぜなら、Aさんは単独1社から500万の融資を受けているのに対し、Bさんはいくつかの会社から借入しなければ500万を集められない、つまり各金融会社に「信用力が低い」と見られていることを示しています。
したがって、金融会社は社会的信用力が高いAさんに貸付けを行うのです|を審査落ちさせるのか、わかりますか?このパターンの場合には、Bさんが審査落ちする可能性が非常に高いです。
なぜなら、Bさんは複数社からやっとのことで500万借りているのに対し、Aさんは1社単独から500万の融資を借りることが出来ている、つまり信用度が高いと見なされているため、カードローン会社は安心してAさんにお金を貸せるのです。

通常は、アコムなどの大手キャッシング業者に申し込みをする場合、既に3社以上から融資を受けていると審査に通らない、と言われています。
なので、既に3社以上からお金を借りている方は、新規のカードローン契約はしづらい状況にあります。
それでも審査にパスしたい!というのであれば、利用している業者の中からいずれか1社、もしくは「おまとめローン」を扱っている金融業者にまとめてみましょう。
複数社から借り入れを行っているよりは、審査に落ちにくくなるかと思います。

カードローンおすすめはこちら.com

キャッシング利用の際審査では、個人の信用情報が参照されることははご存知でしょうか?
しかし、自らの信用情報がどのようになっているのか、わかりませんよね。

実は自身の信用情報は、個人信用情報機関に請求すれば閲覧することが可能なのです。
そういった意味で、自らの信用情報を最初に{知る|確認することが{審査{に落ちない|をパスする|貸付]を受けるためのコツと{も言えるかと思います|言っても過言ではありません。

日本における個人信用情報機関は、主に「全国銀行個人信用センター(全銀協)」「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」の3つです。
3つもあると、全部に開示請求しないとダメ?とお思いになるでしょうが、この3つは違いますから、審査を受けたいと思っているローン会社が使っているところを基に選択するのがいいでしょう。
心配であれば、複数に開示を請求しても問題はありません。

開示の請求方法としては、郵送とインターネットから、または実際に信用情報機関に出向いて行います。開示の申込み方法や手数料などは各信用情報機関の説明をご覧ください。

、閲覧できる信用情報は大きくわけると、氏名や住所などの「本人に自体の情報」、申込みの事実や延滞・自己破産などの金融事故情報といった「利用状況に関わる情報」の2種類で、借入において重視されるのは後者の「利用状況に関わる情報」になります。
ですので、開示した信用情報が到着したら、この「利用状況に関わる情報」のところを見れなくなりますので、審査を通過する可能性があがりますよね。
以上のように、申込みをする時期の目安ににもなりますので、請求してみるのも1つの方法でしょう。

カードローン審査難度まる検ポイント

カードローン、審査に通るかは始めの申し込みフォームの記入が大切!

最近ではインターネットや携帯・スマートフォンからの申し込みが増える一方です。
簡単に申し込みが行えるからこそ、気をつけなければならないことがあるのです。それは、記入項目の記入漏れや誤字脱字です。

もちろん記入の後に{きちっと|しっかり]確認をするのは当たり前のことですが、それでもパソコンやスマートフォンで見るのと、実際に自分の手で書いた記入用紙を確認するでは、圧倒的に前者のほうが間違いを見つけにくいのです。
そのため、市外局番が間違っていたり、住所が1文字抜けてしまっている、のような誤字脱字をそのままにして申し込みをしてしまう危険性があるのです。

嘘をつくつもりは全然なかったのに、電話番号が間違っていたせいでキャッシングが利用できない……となってはどうしようもありません。
ですので、申し込みをするときには入力した審査項目を隅から隅まで見直して、誤字脱字がないように確認を必ずしましょう。

そして、審査項目に空欄が多いのも審査に関わってきます。
カードローン会社は、信用情報と申し込み書を利用して審査を行いますが、逆説的にはたったそれだけの情報しかない状態で審査を行わなければなりません。

ですので、申し込み書に空欄が多いと、“信頼できるほどの情報がない”となり正確な評価が出来ず、結果的に審査を通すことが困難になってしまうのです。

上記の二つのことには、大きなデメリットとなってしまうもう一つの危険性があります。それは“ルーズな人なのではないか?”とキャッシング会社に見られてしまうことです。
あまりに誤字脱字ばかりだと、申し込み書の最終確認すらもしないいいかげんな性格である、と見られてしまい、“お金に関してもにしっかり返してくれないのではないか?”と信頼してもらえないのです。

“申し込み書の確認”という最低限のことがちゃんとできているからこそ、“{この人にはお金を貸しても大丈夫|お金を貸しても返ってくるだろう|融資をしても大丈夫に違いない”と信頼してもらうことができ、キャッシングを利用することが可能になるのです。
よって、“たかが申し込み”と侮って、適当に済ましてしまわないようにすることが審査に通る秘訣です。

カードローン 自動審査・検証まる検.com

在籍確認で審査落ちするのはもったいない!

年収は申し分ないし、信用情報も問題がない、となりますと、最後の関門となるのが『在籍確認』です。
これは、本当に申込み時に申請された会社で働いているのか、ということをカードローン会社が確認するための電話になります。

というと、『会社にカードローン業者から電話がくるのは嫌だなぁ』『会社にキャッシングを使おうとしてることがバレてしまうじゃないか!』といったことを思われて不安になるかもしれませんが、その点はキャッシング会社側も利用者の気持ちを考えています。

在籍確認の電話をかける際には、『◯◯(担当者名)と申しますが、××さん(あなたの名前)はいらっしゃいますか?』などといった風に、絶対にキャッシング業者の名前は名乗ることはありません。
これは、『契約者以外にカードローンの利用を通知してはいけない』ということが法律で決まっているからです。
アコムなど、大手になればなるほどカードローン業者は個人情報やプライバシーの保護を徹底して行っていますので、間違っても『会社にカードローン会社から電話がかかってくるのは嫌だし、架空の電話番号を申告してしまおう|架空の企業と番号でも大丈夫だろう』とウソの申告をするのはあなたの信用情報を無駄に傷つけるだけですので、絶対にしないようにしてください。

ところで、在籍確認の電話はその時に本人がいなくとも大丈夫です。電話応対された方が『××はただいま席を外しております』といったように『この会社には××という人がいる』ような反応を返せば確認はとれるので、問題ないのです。

とはいえ、せっかく在籍確認の電話が来たにもかかわらず、電話をとった人が名前を聞き間違ってしまい『そのような社員はおりません』と返してしまうこともたまにあります。
こうなってしまうと、『在籍確認がとれなかった』ということで審査に落ちてしまいます。
ですから間違いやすい名前の場合は、毎回電話を取る人が決まっているのであれば、事前に『クレジットカードの申込みをしたから、在籍確認の電話がくるかもしれない』というようなおかしくない理由をつけて伝えておくと、間違いはないかと思います。

いずれにせよ、会社への在籍確認はありますが、会社名でかかってくることはないので、プライバシーは守られます。