グッドカードローンランキング

弊サイトにお越していただきありがとうございます。

弊サイトではキャッシングのランキングと通りやすくするためのインターネット申し込み情報をご紹介しています

新生銀行カードローン「レイク」

レイク
金利 ○ 4.5%~18.0%
限度額 ◎ 1〜500万円
審査スピード ◎ すぐ審査結果を表示
融資スピード ◎ (最短)即日融資
融資率 ○
新生銀行カードローン「レイク」の3つのポイント
  • レイクのCMでお馴染み。銀行カードローンでは人気No.1。
  • 実は、銀行カードローンなので、総量規制の対象外(年収1/3規制を受けません)。
  • 今だけ、30日間or180日間(5万円まで)の無利息期サービス実施中。

お申込みはこちら

新生銀行カードローン「レイク」の詳細はこちら

プロミス(SMFGグループ)

プロミス
金利 ◎ 4.5%~17.8
限度額 ◎ 1〜500万円
審査スピード ◎ 最短30分回答
融資スピード ◎ (最短)即日融資
融資率 ◎ 人気No.1の成約数
プロミス(SMFGグループ)3つのポイント
  • CMでお馴染みの消費者金融!三井住友銀行などのSMFGグループで安心。
  • 最大融資額が500万円。最短で30分で審査完了!さらに、無利息期間30日間。
  • 仮審査はたったの1秒。WEB契約なら即日融資も可能!

お申込みはこちら

プロミスの詳細はこちら

アコム

アコム
金利 ○ 4.7 %~18.0
限度額 ◎ 1〜500万円
審査スピード ◎ 最短30回答
融資スピード ◎ 最短即日
融資率 ◎ 高め
アコム3つのポイント
  • 審査、金利などスペックが平均を上回る安定の一枚。
  • 平日14時までなら即日融資も最短30分可能で嬉しい!
  • アコムカードに加え審査の通りやすいクレジット機能付きのACマスターカードも有名!

お申込みはこちら

アコムの詳細はこちら

必要な期限に必要な現金がなければ、その様な場面を乗り切りることができません。
契約する目的をしっかり把握した上で契約事項の記入をしてください。

それでは、キャッシングをせっかく契約したのに通過しなかったとい残念な結果にならない様にはやく手続きを通すコツ、手続きを通過しやすくやるコツに分けてまとめました。

◆審査をはやく通すコツ◆
① 即日キャッシングのキャッシングを探す。契約が当日の消費者金融などが少なくないがキャッシングは数日後と呼ばれる金融会社もあるので必ず確認する。

② 事前にキャッシング商品を調べる。(スペックは当然として、当日可能なら平日の何時まで可能か、事前に必要なものはどういうことかを調べておく)

③ 簡易審査がある金融機関は数秒で終わるので、必ず事前に仮審査を行う。

④ 即日可能な時間まで(通常には平日のPM2時まで)に 手続きを通りやすく行う。

⑤当日キャッシングを行う場合は午前中に手続きむ。(一般に即日キャッシング活動している消費者金融などは14時までに利用事項の記入を完結している必要があるため、記入漏れなどのトラブルを考えちょっと早めに手続きを完結させる)

◆契約を通過しやすくするコツ◆

① 手続き通過率の高目金融機関を選択する。銀行キャッシングよりも、消費者金融がおすすめ。

② ルールスマホ契約(もし、書類を書くパターンは読みやすい筆跡でかく。ネットならほばネットで完結なのでマイナス要因になりにくいので)

③ キャッシング額を低めに手続きむ(例をあげれば勤め人なら50万以下など)。

④ 同時に2社のサービスを同時に契約する。(金融機関の把握している個人情報の審査審査結果の情報が交換される前に申し込んでしまうという方法。)

⑤  一度落ちた金融機関は避ける。

⑥ 通過率の上のサラ金などの方がキャッシング額も高目パターンがある。

⑦ 嘘はつかず正直に書く。

⑧ 落ちた時3ヶ月以上期間をあける。(何度も手続きをして落ちると、手続きブラックになる恐れがあるため。また、金融機関の利用しているデータ機関が3ヶ月間他社の審査結果の情報を確認出来るパターンあるため。)

以上が申し込率を上げる契約手段になります!

常識ですがスマホだと素早く、シンプルに、他の方に見られずに契約できる、ネット契約がオススメになります。

また、契約事項の記入前に必ずパソコンにある振込シミュレーションを行うことをおすすめます。全体の返済可能な金額を認識しておくことでキャッシング後スムーズに返済を行うことができるようにになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>